日置市伊集院町 たくさんの緑と青空の下 子どもたちの笑顔がはじける いじゅういんきた保育園

いじゅういんきた保育園

保育について

2018年度 年間行事

行事
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
一番上まで戻る
トップへ

保 育 園 の 一 日

一般的な一日の流れになります。

0・1・2歳児 時間 3・4・5歳児
7:00 開園
順次登園
あそび
: 順次登園
あそび
朝のお集まり 9:00 朝のお集まり
体操
おやつ・歯みがき
戸外・室内でのあそび
9:30 戸外・室内でのあそび
:
昼食・歯みがき 11:30 昼食・歯みがき
(4・5歳児 フッ化物洗口)
お昼寝 12:30~13:00 お昼寝
(年長は11月以降なし)
おやつ・歯みがき 14:30~15:00 おやつ・歯みがき
16:00 帰りのお集まり
あそび
順次降園
: あそび
順次降園
おやつ 18:00 延長保育 おやつ
室内あそび
順次降園
: 室内あそび
順次降園
19:00 閉園
一番上まで戻る
トップへ

思いやり保育

~「思いやり三原則」を保育園とご家庭との二人三脚で実行~

子育て支援コンサルタント・駒沢大学非常勤講師の塩川正人 先生の「思いやり三原則」に基いて、実践しております。

「思いやり」が大切なことは、だれもが認めますが、その受け止めかたは一人ひとりさまざまです。

「相手の身になってやる」「認める」「助ける」「気配り」「やさしさ」「親切」「気づいてやる」「寄り添ってやる」「愛」「慈悲」「共感」…。

思いやりは語る人の数だけあり、まとまりません。このバラバラの思いやり概念を、具体的行動の基準としてまとめたのが『思いやり三原則』です。

その三原則とは、

  1. 手伝う
  2. 励ます
  3. ありがとう

これを子どもたちが自然にできる子育てに、関係者全員で取り組むのが『思いやり三原則』です。

思いやり三原則には、不思議な力があります。手伝えば相手も手伝ってくれます。励ませば、相手も励ましてくれ、自分の疲れが消えていきます。「ありがとう」と言われると、嫌いだった人が、嫌いでなくなります。

なぜなら、思いやりは心の世界の「真理」だからです。ゆえに皆が同じ心になれます。そしてマイナスの状況さえ、プラスに変えるエネルギーがあります。三原則の実行は、相手のためなのに、自分が救われる三原則になります。

思いやり三原則 意味と行動 思いやり三原則の
プラスエネルギー
1.手伝う 「手伝う」は、「助ける」を含む、積極的行動の象徴です。
掃除を手伝う。一緒に片づける。困った人を助ける。ペットに餌を与える。障害の人の手伝い。
手伝うと、
相手も手伝ってくれる。
2.励ます 「励ます」は、ほめるに通じ、励まし励まされることで、元気を出し合います。
ほめる。手をにぎる。自信を与える。認め合う。「大好き」を言う。
励ますと、
相手も励ましてくれる。
3.ありがとう 「ありがとう」は、相手を認めたことを示す感謝の言葉。
「ありがとう」を常に言う生活づくり。
ありがとうは言葉だけでなく、挨拶や表情、態度などの全体で表現される。
「ありがとう」を言うと、
「ありがとう」が返ってくる。

※子育て支援コンサルタント・駒沢大学非常勤講師の塩川正人 先生の講演資料より抜粋※

一番上まで戻る
トップへ

食育

◆食事は保育の柱です!

生活習慣病の予備軍である『高脂血症児』が増えているといわれている今、和食が見直されています。

毎年、ご家庭での食事内容をアンケート調査しておりますが、嫌いなものとして「野菜」「魚」「レバー類」がよく挙がります。

当園では、そういった嫌いなものも美味しく食べられるよう工夫して、煮物・和え物など和食を中心とした独自の献立を作成し提供しています。

<当園の給食の特徴>

◆幼児食

<カルシウムを多く含む食品を摂りましょう>

わかめ、ひじき、こんぶ、のりなどの海藻類、小魚(いりこ)、納豆、煮豆、豆腐などの食品を給食やおやつに取り入れています。

◆毎日のおやつに「特製ヨーグルト」を食べています。

<なぜ、ヨーグルト?? ~特製ヨーグルトの特徴~>

一番上まで戻る
トップへ